幸ちゃんの心に残った言葉集

心に残った言葉 備考 バックナンバー
「政治は権力に影響を与え、権力に参画する行為である」 マックス・ウェーバー 第1話
「政治家の倫理観とは結果において責任をとる責任倫理であり、一般人の道徳の心情的倫理とは異なっている」 マックス・ウェーバー 第1話
政治家の仕事は、この経済競争における「勝者」と「敗者」の格差を出来るだけ縮め、社会が「公正」と考える範囲内に収まるように調整することであろう。 山本幸三 第3話
不可能なことを成し遂げようとする試みがなかったならば、可能なことすら成し遂げられなかっただろう。どのような事態に陥ろうとも、「それにも拘わらず」という不屈の精神の持ち主だけが政治を「天職」とし得る人間である マックス・ウェーバー 第3話
「子どもは神の子」 山本幸三・母 第4話
「幸三君、これは君にとって人生最大の試練だ。君がこのことで負けてしまえば人生の敗北者となるだろうし、これに打ち克つことができれば、人生の勝利者になりうるのだ。自己のいたらざるところを反省し精進を重ね、いずれは皆を見返してやるくらいの気持ちで頑張ってみたらどうかね」 末永大典先生 第8話
「悩める子どもに、自ら目的を持つように誘導してやること、これが教育の本質であろう」 山本幸三 第8話
「お前達、本省にいて、大企業の連中とばかり付き合って誤解するなよ。地方の中小企業の経営者こそが、日本経済の真の担い手なのだ。彼らの声を直によく聞き、その後の行政に反映できるようにしろよ」 山本幸三 第15話
哲学と信念をもつ政治家は強い。
反対にそうでない政治家は、状況に翻弄されてしまう。
山本幸三 第19話