作成者別アーカイブ: user


第48回衆議院議員総選挙 自由民主党の政権公約を発表

 

第48回衆議院議員総選挙 自由民主党政権公約を発表

「自民党らしい真面目で責任と実効性のある公約を掲げる」

岸田文雄政務調査会長

 

 

(政権公約発表記者会見の模様です。)

わが党は10月2日、衆院選の政権公約「この国を、守り抜く。」を発表し、記者会見を行いまし

た。

政権公約は「未来に責任を持つ確かな政策で、さらなるステージへ」というコンセプトで作成さ

れ、冒頭の安倍晋三総裁からのメッセージに続き、第1部には6つの重点政策が、第2部には「政策

BANK」が掲載されています。

冒頭の安倍総裁からのメッセージでは、「北朝鮮の脅威」と「少子高齢化」の2つの国難に立ち向か

う安倍総裁の並々ならぬ決意が語られるとともに、その2つの国難を乗り越えていくにあたり国民の

信を問う「政権選択」という今回の衆院選の位置付けが明確にされています。

また、第1部の重点政策には、(1)北朝鮮への対応(2)経済政策「アベノミクス」の加速(3)生

産性革命(4)人づくり革命(5)地方創生(6)憲法改正―の6本の柱が掲げられています。

そして、第2部の「政策BANK」では、経済再生や地方創生などの4分野に分けて具体的な政策が掲

載されています。

岸田文雄政務調査会長は記者会見で、「政権選択の選挙で国民に選択肢を示すのが政党の務めであ

る」と述べるとともに、「自民党らしい真面目で責任と実効性のある公約を掲げ、国民の信任を頂

きたい」と語り、衆院選勝利に向けて、政策を地道に訴えていく姿勢を明確にしました。

 

ーーーーー

自由民主党 政策パンフレット 2017

自由民主党 政策バンク2017

 

 


【10月7日 福岡10区 公開討論会】のご連絡

福岡10区 公開討論会のご連絡

 

 

この度、衆議院総選挙をむかえるにあたり、北九州青年会議所の主催で、福岡10区で

公開討論会を行います。福岡10区の候補者が一堂に集まり、どの党に、どの候補者に

日本を、北九州を任せるのかを決めていただく一助になるものと思います。今回は、討

論形式であり、全ての候補者の声、政策を聞き比べることができます。私も周りに惑わ

されることなく、シンプルにこれまでの成果と課題、必要な政策を力強くうったえてま

いります。

皆様のご参加をお待ちしております。

【日本の未来を決めるのは、有権者であるあなたです。
 衆議院選挙 公開討論会】

・福岡10区

日時:10月7日(土) 18時~ (90分程度)

場所:チャチャタウン小倉 中央広場

   北九州市小倉北区砂津3-1-1

定員:なし!入場無料!

主催:一般社団法人北九州青年会議所

 


退任のご挨拶 (English version) - Ministerial Post Retirement Address

Ministerial Post Retirement Address

 

It has been a year on the dot since I was assigned my ministerial posts last August for a variety of responsibilities including Regional Revitalization, City, People, and Job Creation, Power Decentralization, Regulatory Reform, Administrative Reform, the National Civil Service System, the National Archives of Japan, Public Records Management, the Committee on the Authorization of Public Interest Associations, and the Protection and Management of Specially Designated Secrets posts – and with the anniversary, I filed my resignation today at the extraordinary cabinet meeting.

The year was eventful and fruitful to say the least. I pushed forward regional revitalization, first through setting a simple yet valuable definition of the concept as “raising the average income levels of regional areas,” and studying first hand cases all around the country in 303 areas of 144 cities, towns, and villages within 46 prefectures. As State Minister in charge, I had the opportunity to stand at the helm of government action, advancing local Abenomics. I took Regional Revitalization to action and restrained new facilities from being built by universities in Tokyo, and paired the policy with the promoting regional universities in the 2016 version of the City, People, and Job Creation Comprehensive Plan and the 2017 City, People, and Job Creation Basic Plan. Through setting the right gears in motion and accelerating a sophisticated and detailed action plan, I believe I made a genuine difference and fulfilled my assigned duties.

 

(At the Fukuoka City Employment Consultation Center during the first official study tour, August 28th, 2016)

 

Through 8 special economic zone inquiry conferences and 31 district assembly meetings during my tenure as minister responsible for National Strategic Special Zones, I assisted in creating welcoming environments for foreign workers, promoted inbound investment, and improved our country’s agriculture via 14 timely regulatory reforms. By lowering the minimum number of days for special wards’ home-sharing stays to two nights, we appropriately responded to recent lodging needs brought on by increased foreign and domestic tourism. Much needed action and reforms such as these amalgamated to the Amended National Strategic Special Zones Law during the ordinary diet session which established a regulatory sandbox, began the acceptance of foreign agricultural professionals, and empowered small-scale childcare services.

With our regulatory reforms that enabled the founding of a department of veterinary medicine for the first time in 52 years, we can now manage the lack of livestock veterinarians, develop innovative medicines, and increase protection from infectious diseases.

 

(At the 29th National Strategic Special Zones Advisory Council, March 6th, 2017)

To decentralize power out of Tokyo, we recently completed our preparations for the 7th Phase Decentralization Law, based on proposals from regional municipalities during this year’s ordinary diet session. The law helps transfer certain jurisdictions to specified municipalities and revisits regulations that pertain to rural areas of Japan. With the assistance of 311 official suggestions, which overwhelms last year’s number, I have confidence that the next minister in charge can heed these crucial voices to actualize the empowerment of regional areas.

 

As for regulatory reform, I immediately organized the Regulatory Reform Council upon my ministerial appointment, where experts dove into sprightly discourse on issues such as the finer aspects of home-sharing regulations, agricultural reform, rulemaking for flexible combinations of nursing insurance and services, and the reduction of administrative procedure costs for entrepreneurs. It is important to keep in mind that there will never be an end to regulatory reform. It takes a special seat within the three new arrows of Abenomics for good reason, and I sincerely hope that these sophisticated reforms continue to materialize.

(At the 14th Regulatory Reform Council meeting, March 29th, 2017)

 

There was also lively dialogue on the floor in the public records management arena. With a revision of guidelines due by the end of the year, we took solid measures to improve the quality of each government agencies’ public records management.

As for the disputed location of the new National Public Records Archive’s construction site, the Diet’s April 2017 Steering Committee decided that it will be on the national diet building’s front garden. It will be a crucial foundation for passing on to future generations the priceless documents that illustrate how our country came to be, and I eagerly await its completion.

 

(At the National Archives’ second 2017 exhibition event, August 1st, 2017)

 

As State Minister in charge of Administrative Reform, I immediately proposed applying Evidence Based Policy Making (EBPM) for reforming government statistics, starting with GDP figures, from day one of my ministership. Based on my suggestions, we established the Statistical Reform Promotion Council, where we paved the way for implementing sound EBPM and setting a powerful GDP centered on production. I genuinely hope to see the government continue on these policy paths.

 

(At the third Statistical Reform Promotion Council meeting, May 19th, 2017)

Finally, as State Minister in charge of the National Civil Service System, I coordinated an investigation of all government agencies and devised preventative mechanisms that can put a halt to the revolving door. We must ensure to never again allow actions that waver citizens’ trust.

 

(Salutations after an extraordinary diet meeting, August 3rd)

Although I understand that it was for a very limited amount of time, I wish to thank everyone for their guidance and encouragement during my deeply rewarding year. I appreciate all of your support from the bottom of my heart.

Kozo Yamamoto


山本幸三地方創生探訪記録@栃木 (2017.7.27)

 

先月の27日は、栃木県のさくら市、日光市を訪問してまいりました。一部抜粋し、本H

Pでご報告致します。

 

 

今回のトップ画は、日光東照宮、「平成の大修理」を終えた陽明門前の様子です。

現在、平成の大修理中(第3次:平成25年6月~平成31年3月)であり、かつ平日でありなが

ら多くの観光客で賑わっていました。今回は、日光東照宮の稲葉久雄宮司、小西美術工藝社のデー

ビット・アトキンソン代表取締役社長とともに、日光東照宮、本殿将軍着座の間などを視察致しま

した。

 

 

 

ー さくら市 ー

・ヨシ電子株式会社

 

ヨシ電子株式会社は、バスや電車の内外装具、建築部材等の製造などを手掛けるレーザー精密加工

会社であり、レーザー加工から板金、切削、メッキ、塗装まで一貫して行えることを強みとしてい

る、今年創立40周年を迎えた「地域中核企業」です。こちらでは、毎年、設備投資を積極的に行

うとともに、最新の設備を扱える従業員を育成するために、技能士の資格習得を奨励しています。

同社は、今年4月にも4人の新卒を採用しているなど、全従業員92名(平成29年2月現在)が正

社員であり、100%短時間勤務の正社員制度を導入するなど、働きやすい職場づくりを積極的に進め

ており、有給休暇の取得率は約90%、過去5年間の離職者はゼロだといいます。今回、離職率が

低い理由をお聞きしたところ、コミュニケーションの活発化を目指し、「新卒・中途を問わず、新

入社員と交換日記をしているのもひとつ」とのこと。やはり、経営者と一社員が意思疎通を行って

いくことは重要なようです。

(安藤嘉浩・同社専務より取組のお話を伺います。)

また、同社はプロフェッショナル人材支援事業とも密接にかかわっています。昨年4月に、金属建

材の塗装に関する課題の解決のため、栃木県プロフェッショナル人材戦略拠点に、塗装に関するプ

ロフェッショナル人材が欲しいと持ちかけたところ、その拠点マネージャーが紹介した塗装メーカ

ーとの技術開発により、塗装に係る課題が解消され、不具合発生率や不良率が改善されるととも

に、塗装分野の売上80%アップするなど、大きな効果を上げています。

そして、この制度は、拠点マネージャーが成長が期待できる企業に個別に接触し、経営者に

「攻めの経営」と新たな事業展開を促すことで、プロ人材に対する有望かつ明確なニーズを発掘

し、人材市場に発信することもポイントのひとつです。同社には、「攻めの経営」への意欲を喚起

する中で、品質管理における人材の必要性を認識して貰い、人材の採用につなげています。

以上見てきたような取組みを、全国各地の拠点で行ってもらい、そして、その拠点同士で連携を

しながら、例えば都市部の大企業との人材交流の拡大や地方創生インターンシップ事業との連携、

都市部のプロ人材に対する地域経済の潜在力アピールなどの活動を展開し、様々な形でプロ人材の

「還流」を実現させていけば、地方創生に必ずや結びついていくはずです。

 

ー 日光市 ー

・日光田母沢御用邸記念公園

(栃木県HPより引用)

日光田母沢御用邸は、明治32年に大正天皇(当時皇太子)のご静養のため造営されており、昭和2

2年に廃止されるまで、3代にわたる天皇・皇太子が利用されています。

こちらは、明治期に造営された14の御用邸の中でも最大規模の木造建築(敷地12,000坪、部屋106

室)で、本邸が現存する唯一の建物となっています。(現在の形は面積が最大であった大正10年の

姿を可能な限り復元したもの)

(同記念公園HPより、施設内の概略図です。部屋の多さがわかります。)

平成15年に国の重要文化財に指定されたほか、平成19年に「日本の歴史公園100選」に選定

されるなど、日光市の重要な観光資源のひとつとなっています。

(施設内で、斉藤文夫・日光市長、水野恵司・同記念公園管理事務所長よりお話を伺います。)

 

・日光珈琲 御用邸通り

(風間オーナーより、このカフェとともに、これまでのまちづくりの活動について興味深いお話を伺いました)

日光珈琲は、栃木県日光市にある、古民家の空き家を改修したレトロな空間が楽しめるカフェで

す。特に、こだわりの珈琲や天然氷のかき氷が人気となっているようです。

今回、オーナーの風間教司さんから取組のお話を伺いましたが、日光市や鹿沼市で同様の4店舗の

カフェを運営するほか、企業コンサル事業、まちづくり事業等も手掛けているそうです。風間さん

は、こうした活動をされる前から、空き家などが増え廃れていく地元・鹿沼市の商店街に危機感を

感じて、同市の「根古屋」と呼ばれる小さな路地で、自分の店を持つという夢を持つ起業家を集め

た市、通称「ネコヤド大市」を開催し、新規企業のサポートをされてきています。これは、資金や

仲間(従業員)もない、新規企業のサポートをするべく、数々開かれるイベントに「出店」という形

で店を出してもらい様々な経験を積ませながら、底力を付けさせて開業につなげていくという仕組

みです。このイベントの中では、「鹿沼の歴史的建造物巡り」や「街中宝探し」等のイベントを寺

や自治会館等で開催することで、地元にも参加してもらえるような枠組みを構築しています、この

ほか、新規起業者の若い人たちと老舗既存店舗の経営者、また、大学生と地元企業との交流のきっ

かけづくりなどにも取り組まれており、そうしたノウハウを広く発信し、全国に広めてほしいと思

います。

 

以上。


山本幸三地方創生探訪記録@愛媛 (2017.7.26)

 

先月の26日は、愛媛県の内子町、八幡浜市、大洲市を訪問してまいりました。一部抜粋し、本H

Pでご報告致します。

 

 

ー 内子町 ー

・道の駅・フレッシュパークからり

(左から、土居好弘・「からり」代表取締役社長、稲本隆寿・内子町長、山本徹・内子町議会議長です。)

こちらのフレッシュパーク・からりでは、道の駅において、ITを活用し、出荷する地場農産物に

トレーサビリティやPOSシステムを導入しています。これにより、販売情報が連絡され、在庫に合

わせて出荷者が直接納品することで、鮮度向上を追求するといった取組みにより、安全安心な農産

物提供システムを構築しています。

生産段階では生産者が記帳する栽培管理情報の入力と、データ加工・蓄積のシステムを、また、流

通・販売段階では蓄積した栽培履歴情報を消費者に情報開示・閲覧するためのシステムを整備し、

内子町の農家が出荷するすべての地場産農産物を管理しています。まさに、内子町の農家が出荷す

るすべての地場産農産物を管理する生産から販売までの関係者全員参加型のシステムが特徴になっ

ています。出荷された農産物は、生産者による生産履歴の開示をしており、開示された情報は、直

売所にある端末か、「からり」のホームページ上で閲覧することができるので安心です。

(売り場の近くに栽培履歴閲覧コーナーがあり、とても便利です。)

また、からりの運営会社の株式の半分を内子町が所有するように、こちらでは、「町民が町内で生

産した品のみ販売」という原則があり、施設内には町外資本のテナントどころか、自動販売機さえ

入っていません。レストランや燻製工場、パン工房や加工場などを備えており、従業員はほぼ町民

だといいます。このように、山間部の中でも貴重な雇用の場としても機能しています。

これらの取組みにより、年間約80万人もの人が訪れる場となり、同道の駅での売り上げは、町内

の農産物販売の約15%を占めるほどだそうです。さらに、国土交通省から、道の駅として地方活

性化に大きな役割を果たす「全国モデル」6駅の1つに選定されています。(私が先日訪れた、群馬

県の「田園プラザ かわば」もその1つです)

 

 

ー 八幡浜市 ー

・みかんの里宿泊・合宿施設「マンダリン」

(JAにしうわより取組状況を伺います。)

みかんの里宿泊・合宿施設「マンダリン」は、平成26年3月に閉校した旧舌目小学校の校舎を転

用し、ミカン収穫期のアルバイターや農業研修者の宿泊施設として整備されている施設です。

廃校の他目的への転用は、従来、担当府省への承認を要し、補助金返還が求められるところであっ

たようですが、地方分権改革により概ね10年を経過したものは、報告をもって承認したものとみ

なすこととされ、円滑な転用が進んでいます。

こちらの地域では、農家が長年、ミカンアルバイターの宿泊を受け入れていますが、八幡浜市は収

穫繁忙期の更なる助っ人獲得を目的に、2年ほど前から地方創生先行型交付金を活用しながら、校

舎を大規模改修し、2~4人部屋18室や食堂、浴室を整備し、最大80人が宿泊できるように整

備しており、農繁期における労働力確保、Iターン就農の促進、農村と都市との交流推進などを進め

るうえで重要な施設となっています。昨年度のみかんアルバイターの参加者は、220人を数え(前

年度は179人)、全体のマンダリンの利用状況、宿泊数は5007泊を数えます。(27年度は1

161泊とのこと。) また、農業研修でマンダリンを使用した方が、愛媛や他県に就農した例もあ

るようです。

日本一の柑橘類の生産地である愛媛県の中でも、特に有数の産地である八幡浜市という土地柄なら

ではの取り組みです。なお、ミカンの季節以外は、スポーツ、婚活イベントや合宿参加者らの宿泊

先としても利用されています。

そして、今回JAの方からは、持続的に労働力を確保するためにも、今後は家族経営から企業経営へ

と変えていかないといけないというお話も伺いました。農業の成長産業化のために常々私が申し上

げているのと同じ方向性であり、今後の取り組みを期待したいと思います。

 

ー 大洲市 ー

・愛媛県立長浜高等学校(長高水族館)

 

 

愛媛県立長浜高等学校(長高水族館)日本初の高校内水族館として平成11年に誕生した、同校

の水族館部が運営する、入館無料の水族館になります。

長浜高校の隣には、長浜町立水族館がかつてあり、愛媛はもちろん、四国初の水族館として誕生

し、多くの来館があったようですが、赤字や老朽化で惜しまれながら閉館になったといいます。

「長浜といえば、水族館」というその想いを引き継ぎ、町の活性化に貢献すると同時に、長浜の財

産である素晴らしい海と川を活用した教育を行うために、日本初の高校内水族館として誕生してい

ます。地元の川や海に生息する生物や熱帯魚を飼育しており、その数150種2000点で、水槽

は約100個にのぼるといいます。

また、水族館では飼育のみではなく、水槽飼育に関する研究活動の評価も高く、毎年科学研究コン

クールで入賞するほか、平成27年には科学のオリンピックといわれる「国際学生科学技術フェ

ア」(ISEF)において、同校の学生がイソギンチャクとクマノミの共生に関する研究論文を発表し、

動物科学部門の4位に入賞したそうです。なんでも、イソギンチャクがクマノミを刺さないのは、

水中のマグネシウムイオンに関係するとの結果をまとめたものだといいます。こうした活躍もあ

り、今回お話を聞いた学生たちもどこか自信に満ち溢れ堂々と説明をしてくれたのが印象的であり

ました。また、このような世界的な活躍は、「田舎の小さな学校でも世界で脚光を浴びられる」と

学生達にも自信を芽生えさせるとともに、閉館した長浜水族館の復活ができないかと署名活動をす

るなど、住民たちも動かしているといいます。それはまちぐるみの水族館として、長高水族館や復

活する水族館に加えて、商店街にも水槽やいけすが並ぶ、まちを回遊できる水族館であり、高校生

と住民とのタッグでまちを盛り上げます。

これまで、若者が地方に定着するよう魅力ある地方の大学の振興などについて、訴えてまいりまし

たが、大学では遅いと言わんばかりにレベルも高く、高校の頃から先駆的に取組まれている好事例

です。より地域と密接な関係のある高校でも特色づくりが非常に大事でありますので、地域に愛さ

れる水族館として今後もぜひ頑張っていただきたいと思います。

 

※後述になりますが、8月26日から2日間、長浜高校の水族館部が松山市南吉田町の松山空港で

自慢の魚たちを披露する「空港水族館」がおこなわれ、夏休み最後の週末、大勢の搭乗客や地元住

民らが涼しげな水中の生き物たちとの触れ合いを楽しんだとのことです。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201708274351

 

以上。