もう経済復活は無理なのか(2012.2.15号) (日刊ゲンダイ)

もう経済復活は無理なのか:
緊急インタビュー 第二回 山本幸三 (衆議院議員)

国会はなぜ白川日銀総裁を吊し上げないのか

見るからに貧乏神のような日銀の白川方明総裁(62)。この男こそ、日本経済が貧しくなった最大の元凶であることは知る人ぞ知るだが、なぜか問題視されない。吊し上げられないからナゾである。デフレ不況野放しの元凶
「日銀はウラで財務省と組んでいるのです。その財務省は財政再建が至上命令。増税と歳出カットしか頭にない。大震災が起き、絆とか国民連帯が叫ばれている今、財務省は景気が良くなれば、財務省が増税しづらくなるからです。」

山本議員は東大卒―大蔵省入省の経歴。だから相手の手の内が分かっているが、それにしても貨幣供給量を増やせばいいのです。景気は回復する。日銀が言う金融緩和はウソなのです。無策の日銀が批判されないのはなぜか。

「新聞記者たちが情報欲しさに言いなりになっている。白川総裁とメシを一緒に食えることをありがたがっている。それで批判などできないばかりか、日銀は十分に金融緩和をやっているとか、これ以上やると財政規律が崩れ、超インフレになると平気で書く。モノが余って「白川総裁は従来から、量的緩和は効果がないと言い続けてきた。緩和して、米国など海外のように景気効果が出てしまったら恥をかく。立場がない。責任を問われ、辞めざるを得ない。だから緩和政策をしないのです。国民が批判の声を上げ、白川総裁を辞任に追い込むしか日本経済の復活はありません。それは断言できます。」

聞けば聞くほど、白川総裁は犯罪的だ。わが身のためにデフレ不況と円高を放置し、この国を貧しくしている。許し難い男ではないか。